アバンセ館長ルーム

 

    アバンセは、幸せに生きたい県民の応援団です。男女共同参画社会づくりの促進の拠点であり、パートナー間などあらゆる暴力の撤廃の拠点、生涯学習の振興の拠点でもあります。

    館長の仕事は、そんな多様なアバンセの魅力を発信すること。その魅力とは、人との出会いで生まれるものです。この館長ルームでは、アバンセの職員紹介(似顔絵あり)とともに、その折々の出来事を通して感じたことを綴っていきます。ときどき、ふっと道草したくなるような、自在なお気持ちで、館長ルームにお立ち寄りください。


 一緒に働いてもらっている職員を私が描いた似顔絵とともに少しずつ紹介いたします。

  職員紹介ページ(第一弾)

  職員紹介ページ(第二弾)

  職員紹介ページ(第三弾)

  職員紹介ページ(第四弾)

  職員紹介ページ(第五弾)

  職員紹介ページ(第六弾)


アバンセ初代館長の船橋邦子さんと対談しました。

画像をクリックするとYou Tubeに接続します。

 

最新のアバンセ館長コラム第23号                                       避難所運営訓練 ~自分事として引き寄せて~(令和6年2月)

 1月28日の日曜日、今にも降り出しそうな曇天のなか、鹿島市「のごみ楽習館体育館」にて、男女共同参画の視点を取り入れた防災リーダー養成講座の最終回として、避難所運営訓練「みんなでつくろう!安心・安全な避難所」が開催されました。遠く、青森から、一般社団法人男女共同参画地域みらいねっとの講師二人をお迎えしました。2022年、ジェンダー平等の実現を取り入れた防災教育が評価され、SDGsジャパンスカラシップ岩佐賞を受賞された団体です。本当に豊かな支援経験に裏打ちされたプログラムを企画していただきました。


 私は、それまでも、令和3年3月アバンセ発行の「男女共同参画の視点を取り入れた災害時避難所運営のマニュアル」を読んだり、防災の研修会に参加し事例をお聞きしたり、防災士会開催の実技講座にも参加し、浅い知識は持っていました。しかし、今回は、「百聞は一見にしかず、実践にしかず。」

この訓練の各場面で、受け取る重みが違いました。


 もちろん、私だけでなく、訓練に参加した全員が、1月1日に石川県能登半島地震発生以来、刻々と被害状況が明らかになり、必要な手立てが変わっていき、まだまだ、先の見えない日々を多くの方が過ごしている現実を知っています。


 ですから、講師が、「床にそのまま寝てみてください。」と言われて冷たく硬い床に横たわり、チクチクと刺されて痛くなるような冷たい感触に襲われときに、これ以上の冷たさの中で過ごされた方々の辛さを思うと、申し訳ない感情に陥りました。今は、訓練だから、一瞬被災地のことを思い浮かべたとしても、すぐに立ち上がれるのです。体育館、寒いですよねと簡単に言ってはいけないような気持になりました。その後、段ボールベッドを組み立てて横たわると、どれほど、床より冷たさが和らぎ寝やすいかを実感しました。また、ビニール袋、新聞紙、凝固剤を用いた簡易トイレのつくり方も習いました。「実際は、一人分を小さなビニール袋に詰めて捨てるというのでは間に合わない、用便後、スプーン一杯の凝固剤を振りかけた後に、新聞紙を重ね、その上に別の人が用便をして、10人分くらいになったら、口を結んで燃えるごみとして捨てます。」と講師が言われたとき、「それって、誰が捨てるのですか?」と質問がありました。「その避難所の皆さんで、どうするかを話し合って決めていくのでしょうね。」と答えられました。


 「避難所に集まるのは、顔見知りの地域の方ばかりじゃないですよ。たまたま、旅行していた地域外の方、日本語の通じない外国籍の方、病気や障害を持たれた方、妊婦さんや幼い赤ちゃん連れの家族など個別的な配慮が必要な方たちも当然います。くれぐれも、市役所の人などに、サービスを要求したり文句言ったりするだけで終わらないでくださいね。市役所の人も誰もが被災者です。皆さんは、今日のようになんらかの役割をもって運営できる主体であって欲しい。」


 その日は、子ども向け(親子参加型の)防災講座も兼ねてあったので、子どもたちがビニール袋と新聞紙で製作した防災クッションを披露してくれたり、子どもたちの掛け声で、ラジオ体操を一緒にしたり、子どもたちも避難所運営の一員であることを知りました。


 母と子が安心できる授乳コーナー設置ばかりでなく、父親が赤ちゃんに飲ませるミルクコーナーの設置もあり、はっとしました。男女共同参画社会の基本は、多様性への配慮なのですね。


 今回の避難所運営訓練は、体に落とし込むような学びとなりました。

 
 アバンセ館長 田口香津子    プロフィール


 アバンセ館長

   佐賀女子短期大学 学長 (2018.4-2022.3)

 認定NPO法人 被害者支援ネットワーク佐賀VOISS理事長

トップへもどる