新着図書

新着おすすめ図書

      新着図書の中からおすすめの本をピックアップして紹介します。                                         


6月後半

瀬戸内レモン 

川久保 篤志/著

溪水社  C 625.3/カワ

近年の瀬戸内レモンブームは、それに関わる加工業界や地域、中でも島嶼部に何をもたらしたのか。瀬戸内レモンブームの成果と将来像を明らかにし、柑橘産地の再生・振興を構想する際のレモンならではの可能性を展望する。

6月後半

わたし、定時で帰ります。2 

朱野 帰子/著 

新潮社刊  D 913.6/アケ 

絶対に残業しない主義の結衣がとうとう管理職に。今度の相手は、手ごわい新人たちと、ハラスメントまみれの超絶ブラック企業!? 『yomyom』連載を改題、加筆修正。ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の原作。

6月後半

人生は理不尽  

佐々木 常夫/著 

幻冬舎  E 159.7/ササ 

うつ病の妻、自閉症の長男を支えながら、死に物狂いで辿り着いた東レ取締役。だが、妻が2カ月後自殺未遂。そして突然の左遷-。壮絶な半生を送ってきた著者が、晩年における人間関係や健康、お金、老い等に対する考えを綴る。

6月後半

学校と先生 

おほ しんたろう/ 

ナナロク社 E 726.1/オホ 

俺たちゃ17才! 毎日がくだらなくて、何も起こらなくて、でも腹がよじれるほど面白い! お笑い芸人・おほしんたろうが、丸2年をかけ、学校での出来事を描き下ろした連作マンガ集。

6月後半

子どもが幸せになることば 

田中 茂樹/著 

ダイヤモンド社 H 379.9/タナ 

子どもに「言いがちなことば」を、子どもの元気を引き出し、親の気持ちもラクになる「信じることば」に変えよう。4人の子をもち、親の悩みに20年寄り添ってきた医師が、子どもも親も幸せになる「言葉がけ」の習慣を紹介。

6月後半

生きる力を育む「朝の読書」

岩岡 千景/著 

高文研  K 019.2/イワ

全国の小中高校で行われている「朝の読書」が始まってから30年。なぜ始まったのか、「朝の読書・四原則」にはどのようなわけがあるのか、朝の読書はどんな効果をもたらすのかなどを紹介する。『東京新聞』等連載を加筆。

新着図書一覧

毎月新しく入った図書資料の一覧です。

情報サービスフロア入口付近に「新刊おすすめの本」紹介パネルと資料を配架をしています。







バナー下.jpg

トップへもどる