男女共同参画センター 

調査研究「三世代同居における子育ての真実に迫る」の報告書が完成しました

平成23年度 県民グループ調査研究支援事業  

よりよい子育て環境を追求するNPO法人佐賀県放課後児童クラブ連絡会

小学生の子どもを持つ三世代同居家族の母親40人に聞き取り調査を実施しました。 


 H23報告書縮小.bmp

                        

 ・気持ちを伝えられないと感じることがある

  

  ・自分だけはこの家の血が流れていないと思う

 

  ・「男だから女だから・・・」と家族がこどもに言う

    ことが苦痛だと思う

 

  ・自分は我慢をしていると思う

 

  ・共に子育てをしていると思う

 

  ・夫からの言葉で傷つくことがある

 

        (報告書「ヒアリングシート」質問項目より) 

 

 

 

  

 

 

   平成24年3月発行 A4版60ページ 

 


聞き手となったのは、自らも三世代同居で子育てをしている2名の調査員です。

子育てにおいて、三世代同居のよいところ・困っているところ、家事の分担状況など、

アンケート調査と聞き取り調査の結果からは、さまざまな家族の課題が見えてきました。

 

この調査研究報告書は、アバンセ1階の情報サービスフロアや

佐賀県内の図書館などでご覧ください。

(希望者への配付は平成27年3月で終了しました)

 

 

  • 調査研究報告会のレポートもぜひご覧ください

  「三世代同居における子育ての真実に迫る」調査研究報告会を開催しました

トップへもどる