「男女がともに活躍できる職場づくり」に関するヒアリング調査を実施しました

平成23年度 専門課題調査研究事業

 企業などで男女共同参画を進める際の効果的な方法を探るため、男女共同参画センターでは「男女がともに活躍できる職場づくり」をテーマに、企業と研究者を対象としたヒアリング調査を実施しました。

 まず、男女共同参画の職場づくりに先進的に取り組んでいる県内外の企業8社を訪問し、担当者にお話をうかがいました。管理職への女性の登用や、仕事と家庭の両立支援、これらの取組で得られた効果などを聞き取りました。

 さらに、職場における男女共同参画推進の課題について2名の研究者に意見をうかがったうえで、調査報告書をまとめました。

 

協力企業 <順不同>

 松尾建設株式会社・株式会社 村岡屋・株式会社佐賀玉屋・株式会社佐賀銀行 (以上、佐賀市)

  拓新産業株式会社(福岡市)・株式会社西部技研(福岡県古賀市)・株式会社博多大丸(福岡市)

  株式会社西日本シティ銀行(福岡市)

 

研究者 <順不同>

  佐賀大学経済学部  丸谷浩介准教授 

  九州大学大学院経済学研究院  遠藤雄二准教授 

 

 

 調査の詳細についてはこちらをご覧ください。

 

 報告書 「男女がともに活躍できる職場づくり」に関する調査研究
 ~県内企業が男女共同参画の推進に取り組むために~

 

 

 *企業ヒアリングの一部をまとめた下記のページもご覧ください

  「男女共同参画の推進に取り組む企業の声をご紹介します」  

 

トップへもどる