さが県政出前講座「子育てに役立てる お口の知識 ~新米ママの口腔ケアのポイント~」を開催しました!

9月21日(金) 「子育てに役立てる お口の知識 ~新米ママの口腔ケアのポイント~」  (佐賀県健康増進課)

 

さが県政出前講座では、佐賀県の取り組みを広く県民のみなさんへ知っていただくために、県職員がみなさんのまちや職場へ出かけて講座を開催しています。

 

9月21日(金)に有田町の有田町婦人の家(有田西公民館)で、子育て講座の一つとして「子育てに役立てる お口の知識 ~新米ママの口腔ケアのポイント~」を開催しました。

佐賀県口腔保健支援センターの歯科衛生士による約90分の講座で、乳幼児とその保護者のみなさんが参加されました。

 

 

 DSC_0002.jpg

 

講座では、むし歯のできる仕組み、産後にむし歯ができやすい理由や予防法について、スライドを使ってわかりやすく解説していただきました。

乳幼児のむし歯予防の大切さだけでなく、妊娠中や出産後の母親や家族のむし歯予防も重要とのことです。

また、子どもが自分で歯みがきをできるようになってからも、保護者の仕上げみがきは10歳程度まで続けた方が良いそうです。

 

 

講義の後、講師が子どもたちの歯をチェックし、歯みがきや生活習慣について一人ひとりへアドバイスをしていただきました。

 

 DSC_0022.jpg

 

 DSC_0012.jpg 

 

チェック中に泣いてしまう子どももいましたが、保護者のみなさんは真剣に聞かれていました。

3歳児までは上の前歯、3歳からは奥歯のむし歯が多いので、注意してみがいてほしいとのことです。

 

この講座をきっかけに、子どもたちの歯の健康が守られることを祈っています。

 

 

トップへもどる