平成30年度家庭教育支援者リーダー等養成講座第7回講座報告

「ステップアップリーダー講座 ~寄り添いつながる支援へ~」と題して、家庭教育支援や子育て支援に関わる活動をされている方を対象に、保護者や子どもへの寄り添い方や地域や仲間とつながる支援について必要な知識や運営力を学ぶ講座を開催しています。(8回連続講座)


講座チラシはコチラをご覧ください→ H30年度家庭教育支援者リーダー等養成講座チラシ (1278KB; PDFファイル)(H30年11月2日~H31年2月22日)

  • 平成30年度家庭教育支援者リーダー等養成講座の第7回【現地研修】を開催しました。

第7回【現地研修】実践現場で体感!

前回の事例発表でお話いただいた3名の活動場所に訪問しました。各地とも、始めに活動内容の紹介をしていただき、活動参加後はふりかえりの時間を設け、気づきや学びを共有していきました。

みやき町子育ち・子育て・まち育ち応援プラザTeaRa(ティアラ)

(みやき町)1月29日(火)

松口 敬子さん(みやき町子育ち・子育て・まち育ち応援プラザTeaRa〈ティアラ〉スタッフ)

 


 

ティアラでは、参加した人達がテーマを決めて語り合うというテーマカフェに参加しました。今回は「自分らしさ」がテーマで、参加された親と一緒に語りあいしました。その間、スタッフが子ども達をそばでやさしく見守っています。受講者達は語る側の気持ちを実感し、親の声に耳を傾ける大切さや、安心して語れる場の必要性に改めて気づきました。


講座の感想(アンケートより抜粋)

  • 語る場があることが大切ということを教えられた。話を聞く側の雰囲気、場のつくり、待つことの大切さを学ばせてもらいました。
  • テーマカフェ、本当によかったです。人と話すと、なんでもかまわず思いを吐き出すことでスッキリすることに気付けた様に思います。
  • 参加型だったので、参加者の思いや一緒に参加されたママ達の思いも聴くことができて、とても勉強になりました。

 


まちの鎮守の森 なかよしえん 

(佐賀市)2月6日(水)

寺﨑 久枝さん(まちの鎮守の森なかよしえん代表)

 


 


玄関を開けると、にっこり笑顔の寺崎さんが「いらっしゃい」と迎え入れてくれます。おばあちゃん家に遊びに来た気持ちになれるこのなかよえしえんは、空き家になった実家を活用された赤ちゃんからお年寄りまで誰もが立ち寄れる居場所です。この日はなかよしえんを利用していたOB達が数人、お手伝いを兼ねて寺﨑さんに会い来ていました。大人達が見守る中、子ども達は思い思いにおもちゃで遊んで過ごします。ゆっくりとした時間が流れる中、手弁当を頬張ながら自然な会話がこぼれる空間を体験しました。

講座の感想(アンケートより抜粋)

  • ここで過ごす子ども達、お母さん達の様子を見ていると、安心できる空間だと再確認できました。
  • 自由な雰囲気で利用者も受講者も、とてもいい感じで同じ時間を過ごすことができました。
  • くつろぐお母さんの様子が見られて、子育て支援の場がお母さんのくつろぎの場となっていることがよくわかった。



伊万里市子育て支援センターぽっぽ 

(伊万里市)2月12日(火)

山口 弥生さん(伊万里市子育て支援センター長)

  


  


この日は「0才児の広場」の日に合わせ、子ども劇場びぶべさんによる「絵本の読み聞かせ」や「わらべ歌遊び」があり、赤ちゃん連れの親子でにぎわっていました。ダンボールや牛乳パックを使って作られた温かみのあるおもちゃに囲まれた空間で、居心地よさそうに過ごす親子など、親同士やスタッフとの会話が弾んでいる様子に、ママ講座やママ部活が次々と立ち上がる理由を感じられた時間でした。

講座の感想(アンケートより抜粋)

  • 現地を見学させていただけたのはとても貴重でした。今後このような場を作りたいと思う私にとってはとても勉強になる研修でした。
  • 子ども達が安心して過ごせるような場所とはどういうものなのかがとても参考になりました。
  • 先生達の関わりや寄り添い方がとてもいい雰囲気で勉強になりました。また、利用者の視点になっていて、とても参考になりました。



トップへもどる