さが県政出前講座「感染症予防 ~感染症から身を守るために~」を開催しました。

1月30日(火) 「感染症予防 ~感染症から身を守る~」  (佐賀県健康増進課 感染症予防担当)

 

 さが県政出前講座では、佐賀県の取り組みを広く県民のみなさんへ知っていただくために、県職員がみなさんのまちや職場へ出かけて講座を開催しています。

 

 

 DSC_0048.jpg

 

 

 1月30日(火)に多久市の多久公民館で「多久町老人クラブ長寿会」主催の感染症予防講座を開催しました。

 佐賀県健康増進課 感染症予防担当職員さんによる約1時間の講座で、40人以上の老人クラブ会員さんが参加しました。

 

 

 DSC_0004.jpg

  司会進行は、老人クラブ会長の江打さんと、 社会福祉協議会会長の藤田さんでした。

 

 

DSC_0025.jpg

 講座では、感染症の種類や予防方法が紹介されました。

 特に、冬の感染症の代表「インフルエンザ」については、正しい手洗いやマスクの重要性、予防接種の効果などが詳しく説明され、受講者のみなさんも真剣に聞いていました。

 最後に、「あいうべ体操」という口を動かし声を出す、顔の体操を体験しました。

 体操によって、口呼吸から鼻呼吸に変わり、感染症の予防に効果があると言われているそうです。

 

 

DSC_0006.jpg 

 会場に飾られている写真から、活発な老人クラブの活動が伝わってきました。

 

 

 DSC_0053.jpg

 講座で学んだ感染症予防を普段の生活でも実践して、これからも老人クラブの活動を元気に続けてください!

 

 

トップへもどる