平成29年度県民講師チャレンジ講座「色を味方に もっと自分を好きになる!」を開催しました!

※県民講師チャレンジ講座・・・県民の方が講師となって講座を開催するチャレンジ講座です。

 

●講座名 「色を味方にもっと自分を好きになる!

               ~似合う色のパーソナルカラーと色彩心理が見える、私の心~」

●講師名 瀬戸口 庸子【カラーリスト】

●日 時 平成30年2月24日(土)13:30~15:00

 

   講師の瀬戸口さんは、「色の持つ魅力を知ってほしい。そして、見た目やおしゃれのためだけでなく、自分の内面や個性に気づき、自分を好きになるきっかけになれば」との思いで講座にチャレンジされました。

 
   「県民講師基本とスキルアップ講座」を受講した仲間にすっぴんでモデルになってもらい、カラー診断をしました。肌、瞳、髪の色、顔だちなどから分析し、4つの特徴に分かれた春夏秋冬のグループのどれに属しているかを披露。また、クイズ形式で色の見分け方を伝えながら、色の持つ効果や与える印象を説明されました。


 

  「黒や紺ばかりを着る親と明るい服をいつも着ている子ども。親は子どもから明るいイメージを受けますが、子どもは親の服からどんな印象を受けているでしょうか」と瀬戸口さん。色にはそれぞれ人に与えるイメージがあり、身につける服は、自分だけでなく相手にも色の持つ印象を与えていることを知ってほしいと伝えられました。また、病院の床がなぜ白基調なのか、天神地下街がなぜ圧迫感を感じるのかなど、色による心理的影響などについて、興味深いお話が盛りだくさんでした。

 

【参加者の感想より】

・とても参考になり勉強になりました。もう一度自分のワードロープを確認しておしゃれを楽しみたいと思いました。

・モデルさんに実際色合わせをされてみてしっくりくる色、そうでない色がこんなにはっきり四季の色で違うということを実感できた。

・なりたい自分になりたがってたことに気づき、ありのままの自分の個性を受け入れること、伸ばすことだと思って涙が出そうだった。

トップへもどる