課題解決支援講座(東唐津公民館)を開催しました 

課題解決支援講座

佐賀県立生涯学習センターでは、市町・公民館との共同企画で、地域課題の解決に向けて取り組む講座を開催しています。

  【平成29年度は唐津市 ・ 小城市 ・ 江北町 の3地域と共催】

 

 『東唐津あかりプロジェクト~みんなで東唐津の未来(まち)にあかりを灯そう~ 』 全4回を開催しました

だんご.png

唐津市教育委員会、東唐津公民館、アバンセの三者が取り組んだのは、4町区600世帯人口1,300人ほどの東唐津地区です。

この地域では、少子高齢化や産業低下、自主団体の消滅などの現状の課題に加え、住民みんなが地元で交流する機会が減ってきていました。そこで、異世代交流をテーマに、みんなで公民館に集まって、東唐津の魅力を知り、まちや自治に興味を持ってもらう「きっかけ」となるような講座を企画、開催しました。

講座の様子を「通信」にまとめました。どうぞ、ご覧ください。

無題1.png

無題2.png

無題3.png

無題4.jpg


↓↓PDFデータはこちらです↓↓


東唐津講座通信(講座レポート用)(1279KB; PDFファイル)

 講座を終えて・・・

 手さぐりの中始まった「東唐津あかりプロジェクト」。メイン講師の多良さんをはじめ、木葉さん、NPO法人唐津市子育て支援情報センター、唐津商業高等学校ボランティアの皆さんなど、多くの方のご協力のおかげで、無事、連続講座を終えることができました。住民同士のつながりや、公民館とのつながりの大切さを、改めて実感した講座となりました。


 4回目の講座終了後、関係者でふりかえり、成果として出た意見です。

ひらめき講座に達成感があると、楽しみが増え人が来る。

ひらめき子どもと一緒にやる地域課題解決は可能性を秘めている。

ひらめき同じ目的で作業をすることにより、一体感が生まれ、コミュニケーションを図れる。

ひらめき地域団体の関係性が改善した。

 一方、課題として、次のような意見も出ました。

手(グー)参加者に出番がある講座の企画にすること。

手(グー)グループのつながりを次につなげること。

手(グー)鍵となる人、来てほしい人を引っ張りあげる努力は主催者側に必要。

手(グー)企画段階からの住民の参加が必要。

 今回の講座が「きっかけ」となり、郷土愛にあふれた皆さんの力で、これから、東唐津がもっと素敵なまちとなりますように・・・

以上、唐津市東唐津公民館の取り組みのレポートでした。

トップへもどる