平成28年度 生涯学習関係職員実践講座(実践編①②)報告

佐賀県立生涯学習センターでは、生涯学習・社会教育関係職員に必要な知識や実践力を身につける「生涯学習関係職員実践講座」(基礎編・実践編・課題編)を行っています。
9月1日(木)と8日(木)に『ファシリテーション・グラフィックって何だ?~参加者を促す板書術を身につける2日間』と題して、実践編をアバンセで開催しました。

「1日目」 9月1日(木) 会場:アバンセ 研修室

講師【講 師】 志賀 壮史 さん
     (特定非営利活動法人グリーンシティふくおか 理事)

 



みなさん、地域での会議や話し合いの場での議論を、どのようにまとめ、結論づけていますか?

「ファシリテーション・グラフィック(F.G.)」は、ホワイトボードや模造紙などに文字、図、挿絵を書(描)くことによって、学習を促進したり、話し合いを活性化したりするファシリテーションスキルの一つです。

より良い話し合いの場をつくるために、実習を中心に学びました。

まずはじめに、「自分が学びたいこと」を言語化するために、「どんなことをしていますか?」「参加動機は何ですか?(何を得たい?)」の問いに答える形で自己紹介を全員で行い、参加者間で共有しました。志賀さんは、自己紹介を進行しながら、その内容を分かりやすく板書され、参加者全員で共有しやすい環境を整えられていました。志賀さんの板書を通して、F.G.がどういったものかを体感できたようです。

次に、ペンの持ち方や線の引き方、気持ちを表現するイラストの描き方など、板書の基本を学びました。ちょっとした工夫で、読みやすい文字になったり、意見を大事に受け止めている印象になったり、目から鱗な技をたくさん教えていただきました。

講座後半は、4人グループでのミニ会議実習に挑戦!参加者全員が、進行しながらの板書に取り組みました。問いかけて、待って、受け止めて、書く。この一連の流れに、「
どう問いかけたら良いか」「議論をどのように収束させれば良いか」など、みなさん苦戦されたようです。実習後には、志賀さんから一人ひとりに対して、ワンポイントアドバイスをいただくとともに、F.G.に挑戦しての感想や問いかけられる側としての感想を共有しました。

志賀さんからは、「F.G.は、あくまでも進行のための板書です。綺麗に書くことにとらわれ過ぎないように」とアドバイスをいただきました。

DSC_0172.JPGDSC_0185.JPG

DSC_0202.JPGDSC_0268.JPG

 

参加者の声(講座アンケートより抜粋)

・まだまだ板書するので精一杯だったが、実習が多かったのでよかった。志賀先生の雰囲気がとても心地よかった。発言しやすかった。ペンの持ち方が参考になった。来週も頑張る。

・あっという間に時間がたちました。初めて気づかされることも多く勉強になりました。

・現場でそのまま使えるテクニックや心構えを教えてもらえた。

・板書するのはみんなの為!


「2日目」 9月8日(木) 会場:アバンセ 研修室

2日目の前半は、1日目の振り返りを中心に行い、F.G.の基本について学びなおしました。

後半は、現場で体験した話し合い、課題を解きほぐす実習を行いました。まずは、会議の運営やコミュニケーションで困った時の場面を思い出します。

困った時の場面をテーマに、グループでF.G.の実習を行いました。今回は、自由に質問を投げかけるのではなく、why(なぜ)を除く、4W1Hを主に使い、問いを立てます。「何をしたのですか?」「誰としたのですか?」「いつしたのですか?」「それはどこでしたのですか?」等々、事実の質問を繰り返します。そのあとは、“気持ちの質問”と“これからのこと”を尋ねます。ここまでが1セット。グループメンバー全員が、“問いを立て”“質問する”事実質問を体験しました。「個人の解釈を伴わない、事実だけの質問によって、新たな気づきを発見するきっかけに なったりします」と志賀さん。

参加者も問いを繰り返すうちに、見えてなかった課題に気付くことができたり、分かった気になっていたことに気付くことができました。

 

2日間で、技術的なことのみならず、F.G.とファシリテーターにとって大切なことや心構えを学ぶことができました。みなさんの“話し合いのが、より一層、発言しやすく居心地の良いものとなりますように。

DSC_0003.JPGDSC_0015.JPG

DSC_0033.JPGDSC_0057.JPG

 

参加者の声(講座アンケートより抜粋)

・問いかけ(質疑応答)が難しかったです。「どのような問いを投げかければ?」と考える時間ばかりになってしまいました。

・会議での板書は大切と思っていても、具体的な手法で学んだことがなかったので、とても良い機会になった。

・午後の実践では、いろいろな会議のパターンを知ることができて勉強になった。話をするうちに問題点も浮き上がった。

・話し合いの場で有効な板書の方法、質問の仕方、考え方がわかりとても参考になりました。笑いを交えながら話し合いができ、和やかな雰囲気の中でファシリテーター・グラフィックについて学ぶことが出来ました。 

 

実践編は、参加希望多数のため、9月16日(金)に追加講座を開催しました。

多数の方にご参加いただきまして、ありがとうございました。

トップへもどる