やむを得ない理由により住所地においてマイナンバーが記載された通知カードを受け取ることができない方は、居住情報の登録が必要です!~申請期限を過ぎても住民票のある市区町村にご相談ください~

 平成27年10月5日以降、「マイナンバー」が記載された「通知カード」が住民票の住所地に簡易書留で送付されます。

 やむを得ない理由により住民票の住所地で受け取ることができない方は、現在お住まいの場所(居所)を登録することで、「通知カード」を居所に送付することが可能です。

 

総務省 居所情報登録申請リーフレット(日本語版) (438KB; PDFファイル)

総務省 居所情報登録申請リーフレット(英語版 English)(382KB; PDFファイル)

       総務省 マイナンバー制度と個人番号カードのご案内

 

申請が必要な方

 ●東日本大震災による被災で、住所地以外の居所に避難されている方

 ●ドメスティック・バイオレンス(DV)、ストーカー行為等、児童虐待等の被害者で住所地以外の居所に

    移動されている方  

 ●平成27年10月5日以降、長期間にわたって医療機関・施設等に入院・入所することが見込まれ、かつ、

    入院・入所中は住所地に誰も居住していない方  

 ●上記以外の方で、やむを得ない理由により住所地で通知カードの送付を受けることができない方  

 

※平成27年10月5日前に、現在お住まいの場所(居所)の市区町村に転入をしていただければ、そこに通知カードが送付されるようになりますので、転入手続きのご検討をお願いします。(なお、DV等被害者の方は、転入した市区町村に対して「DV等支援措置」を申し出てください。申出により「DV等支援対象者」となった場合には、ご自身の転入先の新しい住所について、加害者が「住民基本台帳の一部の写しの閲覧」、「住民票の写し等の交付」及び「戸籍の附票の写しの交付」の請求によって知ろうとしても、これらの請求を制限する措置が講じられます。)

  

申請方法  

   (1)申請書(「通知カードの送付先に係る居所情報登録申請書」)を記入する。  

       申請書を入手し、必要な情報を記入してください。(申請書は、以下からダウンロードいただくか、

       お近くの市区町村でも入手できます。)  

   

  通知カードの送付先に係る居所情報登録申請書(280KB; PDFファイル)

 

   (2)添付書類を準備する。  

     申請書類には次の書類を必ず添付してください。

     •申請者の本人確認書類(運転免許証など)  

       •居所に居住していることを証する書類(公共料金の領収書など)  

       •代理人の代理権を証明する書類(委任状など)【代理人が申請する場合】  

       •代理人の本人確認書類(運転免許証など)【代理人が申請する場合】  

 

   (3) (1)と(2)を住民票のある市区町村に持参又は郵送する。

  

   ※詳しくは、申請書の注意事項をご覧ください。

  

受付期間  

 平成27年8月24日(月)~平成27年9月25日(金)【持参または必着】  

※申請期限(9月25日(金))までに申請が間に合わなかった方は、

  住民票のある市区町村にご相談ください。

 

問合せ先  

 ●マイナンバーコールセンター   

    【全国共通ナビダイヤル】 0570-20-0178   

                                      (土日祝日・年末年始を除く9:30~17:30)

 ●住民票のある市区町村

トップへもどる