平成28年度「男女共同参画川柳コンテスト」の入賞作品が決定しました!

佐賀県立男女共同参画センター(アバンセ)及び佐賀県男女共同参画推進連携会議では、

男女共同参画社会形成の推進をめざし、71日(金)から915日(木)まで、

「男女共同参画川柳コンテスト」の作品を募集しました。

この募集に対して、194点の応募があり、929日(木)にアバンセにおいて

厳正な審査を行った結果、以下の入賞作品が決定しました。

今年もたくさんのご応募をいただきありがとうございました。

入賞作品は、アバンセや県庁県民ホールほか、県内各市町や県男女共同参画推進連携会議所属の

企業及び団体等で順次展示を行いますので、ぜひお越しください。

かもめ1.png ★ 展示スケジュールの詳細はこちら(422KB; PDFファイル)をごらんください 

 

     ※佐賀市役所本庁1階ホールで予定していた展示は、

..............................佐賀市立春日公民館に場所を変更して行います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f00341_1.png 最優秀賞

 

孫むすめ 応援団長 かってでる  髙木 和子さん(基山町)

 

f00341_2.png 優秀賞

 

ママ夜勤 メモ見てパパの 腕が鳴る  荒川 松代さん(武雄市)

君らしい 生き方選び 世を翔ける   松尾 淳也さん(佐賀市)

育休を サイン一つで 取る社会    横尾 信雄さん(佐賀市)

女都知事 これから腕の 見せどころ  小栁 湛子さん(神埼市)

この頃は 髙菜炒めも 妻負かす    吉浦 利清さん(佐賀市)

 

かもめ1.png ★ 全入賞作品についてはこちら(351KB; PDFファイル)をごらんください ★ かもめ2.jpg

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ecalic021_018.png 最優秀賞受賞の 髙木和子さんのコメント

 

 明治生まれの義父と私の夫は「男女共同参画」とはほど遠いですが、

我が家の隣に新居を構えた長男家族は只今「男女共同参画」実行中です。

 共働きの為、長男が家事(食事作り、弁当作り、掃除)をして、

娘の弁当作りが大好きになりました。孫娘は無事応援団長の役を終え、

「今後、皆を引っぱっていき、頼られる存在になりたい」と決意新たに、高校受験に向かっています。

 

ecalic021_018.png 審査委員長 菖蒲正明さん(佐賀番傘川柳会顧問)の講評

 

 応募数も回を重ねて194句の作品が集まった。形式・内容ともに、川柳として

世間に通用するものばかりであった。とくに今回は東京都知事選の時事川柳も寄せられた。

 最優秀賞の作品は審査委員全員が認める立派な作品である。自慢の孫娘を素材にして、

応援団長をつとめる活発な生徒さんを詠んだ句であろう。若者の句から元気をもらうことができ、

楽しい選が出来たことが選者としても何よりであった。

 

 

トップへもどる