令和元年度「県民グループ企画支援事業」支援企画が決定しました

佐賀県立男女共同参画センター(アバンセ)では、男女共同参画社会の推進に取り組む県民グループによる、企画(講演やイベントなど)の実施を支援する「県民グループ企画支援事業」を実施しています。

募集要項はこちらをご覧ください。 (709KB; PDFファイル)


今年度は4企画程度の支援企画数に対し、7企画の応募がありました。6月6日に選考委員会における選考の結果、下記の6企画を支援企画として決定しました。

 

【サガ・ウーマン・ネット】

佐賀県内で働く女性を対象にリーダーシップをテーマに、参加者の自律的キャリア意識を醸成するとともに、社外の参加者たちとの交流を促すセミナーを開催します。

 

【NPO法人poco a bocco】

ひとり親家庭の子どもを対象に、子ども達が自分で食事をつくる力を身に付け、自己肯定感を高めるとともに生涯にわたって健康的な食生活を築くことができるように学び、また、ひとり親同士が交流する場となる料理教室を実施します。

 

【東山代町地域をつなげる会】
固定的性別役割分担意識にとらわれない参画意識の向上と家族や地域での“つながり”の強化を図るため、性別や年齢を問わず関心が高い「防災・備災」をテーマとした講座や意見交換会などを行う「防災まちカフェ」を開催します。


【MINX】

女性のライフサイクルとホルモンとの関係を知ることで、更年期に出現する心身の変化を、正しく理解し更年期症状に対しての適切な対処行動を学び、同年代女性との交流を通して心身の安らぎを得ることができるよう促すセミナーを開催します。

 

【とす男女共同参画市民実行委員会】

男性を対象に、男性の家事・育児への参加促進のきっかけとしてもらい、子どもが一緒に参加することで、幼少期からの男女共同参画の意識形成を促す料理教室を開催します。

 

【コーリング佐賀】

女性や子どもが暴力被害に遭いにくい社会を作り、被害者の回復を支援するため、ジェンダーの視点を取り入れた啓発のための講演会を開催します。


トップへもどる