アバンセ
サイトマップ お問い合わせ
文字サイズの変更小さく普通大きく

男女共同参画センター生涯学習センターDV総合対策センター
アバンセの施設をご利用ください
図書を借りる視聴覚機材やPCを借りるホールや研修室を借りる
トップページ > 生涯学習センター > 講座レポート > 28年度 > まなびチョイスセミナー > 平成28年度 ラボカフェVol.3 「Let's 献上!」 第5回を開催しました!

平成28年度 ラボカフェVol.3 「Let's 献上!」 第5回を開催しました!

H28年度まなびチョイスセミナー(全6回講座)

ラボカフェロゴ.png

  ラボカフェは、“出会い”と“学び”の場です。

この講座での出会いが新たな出会いへとつながりますようにという思いを込めて、

10月から3月まで6回連続講座で開催しました。

 

 ★講座の内容は、こちらのチラシ(1068KB; PDFファイル)をご覧ください。

 

第5回 【菓子の巻】 これぞ献上菓子!まるぼうろ (2月4日)

 

DSC_0054a.jpg

 

 第5回は、佐賀銘菓「まるぼうろ」と季節の和菓子「上生菓子」作りに挑戦。

まるぼうろ作りを通して、佐賀の菓子文化を学びました。

 

【講師】堤 一博さん、貞包 幸成さん(御菓子司 鶴屋)

  DSC_0013a.jpg  kashi.jpg 

  講師は、創業375年佐賀藩から御用御菓子司を仰せつかった「御菓子司) 鶴屋」の、

堤 一博さんと貞包 幸成さんです。老舗の鶴屋さんの伝統の味を教えていただきました。

 今回のキーワードは、「郷土の偉人、大隈重信も愛した 南蛮渡来のハイカラ菓子」です。

 

 DSC_0031a.jpg 

 まずはじめに、堤さんより佐賀の菓子文化やまるぼうろについてお話がありました。

 昔のまるぼうろは、今のものより硬かったそうです。まるぼうろは、砂糖・小麦粉・卵などシンプルな材料でできているそうですが、気候によって常に配合は変えているそうです。デリケートなお菓子なんですね。

 

 DSC_0024a.jpg DSC_0028a.jpg

 そして、職人の貞包さんによる、まるぼうろ作りのデモンストレーションの後、

まるぼうろ作りのスタートです!

 

 DSC_0056a.jpg DSC_0046a.jpg

 DSC_0049a.jpg DSC_0058a.jpg 

 まるぼうろ作りは初めてというラボカフェメンバー。自分でやってみるとこれが意外に難しい。。。

 やわらかいまるぼうろの生地を型抜きするのに苦戦しながらも、みんなで力を合わせてまるぼうろを焼き上げました。焼きたてのまるぼうろは、とっても美味しかったです。

 

  DSC_0078a.jpg DSC_0067a.jpg  

  DSC_0084a.jpg DSC_0088a.jpg

 季節のお菓子「菜の花」と「梅」の上生菓子も作りました。

 講師の堤さんから「菓子は、耳で感じる。つまり、菓名を耳で聴いて楽しむという楽しみ方もあります。」と菓子の楽しみ方も教えていただきました。これから菓子の名前を見るのも楽しみですね。

 

 DSC_0100a.jpg

 ここでしか作れない「夢のようなまるぼうろ」も出来上がり、楽しみながら佐賀の菓子文化に触れるひと時となりました。 

 今回のアイテム「まるぼうろ」をゲットできました!

 

 

参加者の声(講座アンケートより)

 ★まるぼうろを手作りできてよかった。改めてまるぼうろを食べると、作り手の思いを感じました。

 ★まるぼうろの職人さんに教えてもらうという、とても貴重な体験となりました。

 ★職人の技を間近でみることができ、よい機会となりました。簡単そうにみえて難しかった。

   普段できない体験ができました。

 ★まるぼうろの生地が、あんなにやわらかいなんてビックリです!

 ★美味しく、楽しく、学ばせていただきました!

このページの上部へ

アバンセ

アクセス・交通機関のご案内

お問い合わせ・ご意見・ご要望

アバンセ

佐賀県立男女共同参画センター・佐賀県立生涯学習センター

 

〒840-0815 

佐賀県佐賀市天神三丁目2-11(どんどんどんの森内)

TEL:0952-26-0011 FAX:0952-25-5591

【指定管理者】 公益財団法人 佐賀県女性と生涯学習財団

Copyright (C) 2011 Avance All rights reserved

 

開館時間

  • 火曜~土曜日:8時30分~22時00分
  • 日曜・祝日:8時30分~17時00分
    (ホールは22時00分まで)

休館日

  • 毎週月曜日
  • 12月29日から翌年1月3日まで